最新情報


インスタグラムはもはや説明不要の大人気SNSとなりました。インスタ映え、そしてインスタ疲れとその変遷をたどりながらも、確実に若者の消費行動への影響は拡大しつつあります。しかし、本当にインスタグラムを活用している企業はインスタグラムから消費行動を起こし、そして売上に貢献できているのでしょうか?...

Read More

日々続けなければいけないFaccebookの運用。毎年手法を都度検討していくブランデッドコミュニケーションに比べて内部的にマンネリしやすいマーケティングです。そんな時の打破戦略とは?...

Read More

これまでとは全く異なる購買行動をとることでメーカーを筆頭にBtoCに携わるオトナ達を混乱させている「ミレニアル世代」。そもそもミレニアル世代というのは、1980年~2000年代に生まれた、中高生頃の自分の意思で買い物をする頃からスマートフォンを持ちインターネットが身近にあった世代を言います。...

Read More

意外に思う人も多いかもしれませんが、InstagramはB2Bマーケティングに効果的なチャネルです。Instagramの普及と共に企業で購買意思決定に影響力を持つ高い年齢層のユーザーが増えるようになり、また、InstagramにおけるB2B企業の競争が緩やかな今、企業はInstagramで存在感を高めるチャンスがあります。B2B向け事業にInstagramを活用する方法について、オンラインメディアのSocial Media Examinerがまとめています。...

Read More

自社でオウンドメディアを作成する企業は増えてきています。記事のライティングは外部のライターやクラウドソーシングを利用していくらでも安価に調達することができると思いますし、サイト自体の作成もSEやエンジニアの外注ですぐに制作することが可能でしょう。しかし、インターネットコンテンツにはどうしても必要不可欠な「挿絵」「イラスト」「写真」について深く考えたことがない方も多いかもしれません。実は時に文章以上に重要な役割を担うコンテンツ制作の挿絵について考えてみましょう。...

Read More

Instagramマーケティングは苦労が付き物です。高品質な画像や動画を繰り返し撮影したり、インフルエンサーと関係構築したりと、様々なスキルが求められます。自社が対象とする顧客層とInstagramが合致していないとか、投資対効果が上げられないといった懸念を持たれるのも無理はありません。しかし、Instagramには毎秒1000以上の画像が投稿され、無数のInstagramストーリーが作成されているのも事実です。毎月11億人以上がログインするプラットフォームで、必ず対象とするユーザーと関わりが持てるでしょう。Instagramマーケティングの価値を確認できる最新のトレンドについて、ソーシャルメディア収集ツールFlocklerのCEOであるToni Hopponenが解説しています。...

Read More